症例一覧

2018.05.13更新

ここ数年で炭酸水が多くの方に飲まれるようになってきました。最近ではフレーバー入りのいろいろな種類の炭酸水が発売されています。

患者さんからも炭酸水を飲むとむし歯になるのですか?とよく質問されます。

結論からいうとむし歯にはなりません。が、歯は溶けます。

これは『酸蝕症』といわれる症状です。

炭酸飲料に限らず酸性の飲食物を頻繁に食べたり飲んだりした場合、歯が徐々に溶けていまいます。

むし歯や歯周病にならぶ歯科の疾患として酸蝕症も注目されるようになりました。

飲食物で歯が溶けると聞くとコーラなどの炭酸飲料を思い浮かべるかと思います。たしかに炭酸飲料でも歯が溶けてしまいますが、酸性のものなら歯がとけてしまいます。

ジュース・スポーツドリンク・栄養ドリンク・黒酢・日本酒・ワイン・ビールなども同じように歯が溶けてしまいます。

体に良いものが必ずしも歯にも良いとは限りません。糖質が含まれていないから大丈夫と思っていても酸蝕症になる可能性はありので注意してください。炭酸水

投稿者: いまむら歯科クリニック