症例一覧

2018.06.07更新

口臭が気になることがありますか?最近では様々な口臭ケア用品が発売されています。

こうした口臭ケア用品は一時的に口臭を消すことはできますが、口臭の原因をなくせるわけではありません。口臭治療ではまず、口臭の原因を知って解決することが大切です。

口臭は全身の健康のバロメーターになります。全身的な疾患が原因で口臭がひどくなることがあります。口臭の原因を知って予防に努めましょう。口臭

口臭の原因

1.生理的口臭

口臭の原因の70%をしめる誰にでもある口臭

・お口に中の細菌がニオイの成分を産出します。

・唾液分泌が減少して自浄作用が低下すると悪化します。(起床時、空腹時、緊張時)

・ホルモンの変化に影響します。

2.病的口臭

慢性的な病院が原因の口臭

むし歯や歯周病になりやすい人は細菌が繁殖しやすく口臭も発生しやすくなります。むし歯や歯周病があるならしっかり治療しておきましょう。また全身疾患のある方は病気や飲んでいるお薬が原因で唾液の分泌量が抑えられてしまいます。自覚がなくても唾液が不足していることもありますので、人工唾液やこまめに水分をとり唾液分泌の低下を補うようにしましょう。

・進行したむし歯や歯周病

・口呼吸

・のどの炎症、胃腸や糖尿病などの内科的疾患

3.外因的口臭

体の外に原因がある口臭

においの強い食べ物をさけ、食後歯みがきや緑茶、牛乳を飲むといった工夫でにおいの発生を防ぐことができます。レモンや梅干しなどは唾液の分泌量を高め、自浄作用を促します。

・においの強い食べ物が原因(ニンニク、ネギなど)

・喫煙や飲酒

 

 

投稿者: いまむら歯科クリニック

  • 院内ブログ
  • 歯の豆知識
  • 料金について