院内ブログ

2018.11.19更新

こんにちは、スタッフの原田です(o^-^o)

11月も終わりが近くなり、肌寒くなりましたねー
皆さまはどう過ごされてますか? 

我が家は先日、「佐賀バルーンフェスタ」に行ってきました。
朝早くから出発して、午前の一斉離陸を見れて感動しました!
「夜間係留」という日が落ちてからのバルーンもとてもキレイだと聞いたので、来年はそこまで見たいと思っています(o^-^o)原田


さて話は変わりますが
今回は妊娠中のお口についてお話をしたいと思っています(^-^)

「一子を生むと一歯を失う」
という言葉を聞いた事がある方もいらっしゃいますか?
これは正しくはありませんが、お口の環境が悪くなりやすいというのは本当の事です(>_<)


つまようじで歯の表面をこすると白い物がとれます。これが歯垢(プラーク)です。プラークは約70%が細菌で出来ています。
食後の食べカスはブクブクうがいで取れますが、プラークは歯ブラシでゴシゴシとしないと取れません。
このプラークの中の細菌が原因で虫歯や歯周病を進行させてしまいます。


妊娠時は体に変化がでてきます。お口に関係のあることをあげてみますね(^-^)

①つわり(悪阻)が出てくる

個人差はありますが、妊娠3カ月で約80%。
それ以降も65%~75%の方がつわりがあるといわれています。
つわりの時期は歯磨きがつらく、特に奥歯が磨きずらくなります。


②間食が増える

お腹が大きくなると、胃も押し上げられ一度に食べることのできる量が少なくなります。特に妊娠後期になると間食の回数と、甘いものを好む方が増えるそうす。
甘いもの(糖)はプラークを増やす原因になり、ちょくちょく食べはお口の中を酸性にします。

③歯ぐきが腫れる

妊婦さんの歯科検診でもっとも多く訴えがあるのが「歯ぐきからの出血」です。
つわりで歯磨きがが不十分になり、お口の中で細菌が増加してしまう事と
妊娠するとホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)の分泌が増えるので
歯ぐきに炎症が起きると腫れやすくなると言われています。

妊娠が直接の原因ではないですが、歯周病がすすむ要因になる可能性があります。


妊娠中の①~③の変化と
出産後も育児に追われて通院が難しくなり、虫歯や歯周病が重症になってしまうことがあります(>_<)
そうならない様に妊娠中に歯やお口のお手入れが大事になりますが、なかなかつわりや臭い・味に敏感な時は歯磨きが大変だと思います。

なので歯磨きのポイントをいくつかまとめてみますね☆


1、体調のいい時に

つわりは起床時や疲れのたまった夜、食後につらくなる事が多いようです。
食後すぐではなくて良いのでリラックスした時間をみつけて行ってみましょう。

2、動かし方は奥から前に

喉の近い場所は特に吐き気をもよおします。最初にできるだけ奥歯にブラシをあててから前の方にかき出すようにしましょう。

3、顔を下に

喉のほうにツバがたまると、その刺激で吐き気をもよおす事があります。
なるべく喉の方に流れないよう、下を向いて歯を磨きましょう。


4、においの強いハミガキ粉はさける

妊娠中にニオイに対して過敏になる事があります。ハミガキ粉の中の香料で気持ちが悪くなることもあるので、出来るだけ香料の強くないものを使用しましょう。

5、歯ブラシは小さめのものを

大きな歯ブラシだと奥歯を磨く時に、喉の近くを刺激してしまうことがあるので
なるべく小さな歯ブラシを使ってみましょう。

 

普段は簡単ですが、
つわりや体がだるくなり思うようにお口のお手入れが出来ない時期です。

ここにあげた1~5のポイントで少しでも妊婦さんのお口の健康の力になれればと思います(o^-^o)
そしてつわりが落ちついている時は体調に合わせて行いますので、虫歯の治療や歯石とりにもいらして下さいね(^-^)

 

投稿者: いまむら歯科クリニック

  • 院内ブログ
  • 歯の豆知識
  • 料金について