院内ブログ

2019.05.07更新

 

 

こんにちは、スタッフの平田です。

長かったゴールデンウィークも、とうとう終わってしまいましたね。
私は9連休だったのですが、引越しをしたので、休みの前半は荷造りの日々を送り、半ばで引越し、後半で掃除と片付けをして、私の9連休は終わってしまいました。
毎日とても忙しかったので、あっという間の9日間でしたが、ある意味
充実していました。
皆さんは、どんなゴールデンウィークを過ごされましたか?


さて、今回は皆さんご存知のフッ素についてお話をしたいと思います。

フッ素は自然界にある元素の一つで、多くの食品にも含まれています。
虫歯を予防するだけでなく、丈夫な歯や骨を作るために欠かせないという、大切な役割を果たしているのです。
フッ素には以下のような効果があります。

《フッ素の効果》

・虫歯菌が酸を作るのを抑制する。
(プラーク中に潜んでいる虫歯菌の
 働きを弱めたり、酸が作られるの
 を抑えます)

・酸により溶けてしまった歯の表面
 を再石灰化する。
(歯から溶け出したカルシウムやリ
 ンの再沈着を促進します)

・歯質を強化する。
(歯の質を強くして酸に溶けにくい
 丈夫な歯にします)

次にフッ素の利用方法には主に次の3つがあります。

《フッ素の利用方法》

・フッ素配合歯磨剤
(歯磨きの時に歯磨き粉として使用
 します。歯磨きのたびに使用する
 ことで、磨いている間はもちろん
 、磨いた後も効果を発揮します)
 
・フッ素洗口
(フッ素洗口液でブクブクうがいを
 します)

・フッ素塗布
(歯科医院でフッ素を直接歯に塗っ
 たり、トレーの中にフッ素を入れ
 てお口の中に数分入れておく方法
 です。特に乳歯や生えたての永久
 歯には、歯科医院で定期的に塗っ
 てもらうことで虫歯の予防効果が
 大きくなります)


ここまでで虫歯予防にはフッ素が効果的であるということがわかりますね。

しかしフッ素という物資は、非常に微量であれば大きな害はありませんが、大量であれば人体にとって毒性の強い化学物質であると言われているんです。
でも私達が虫歯予防に使っているフッ素は化合物であるフッ化物ですので使い方や量、濃度を守って正しく使っていただければ大丈夫です。
人体に悪影響を及ぼす事はありませんのでご安心ください。
何か心配なことがありましたらスタッフに聞いて下さいね。

子供も大人もフッ素で虫歯になりにくい強い歯にしていきましょう。

投稿者: いまむら歯科クリニック

  • 院内ブログ
  • 歯の豆知識
  • 料金について