症例一覧

2018.07.12更新

八幡西区の歯科・歯医者、いまむら歯科クリニックです。

むし歯やけがで歯が欠けてしまい修復するためには歯に詰め物を入れたり、あるいは大きく欠けている場合はかぶせ物によって修復しなければなりません。

詰め物やかぶせ物の種類は保険の範囲でできるものと保険外のものがあります。

保険の修復物は基本的に金属での修復物となります。白い修復物もありますが強度的に弱く、硬いものを噛んだりしたときにどうしても欠けたり外れてしまうことがあります。

そこでおススメしているのがセラミックスの修復物です。セラミックスは保険適用外になりますが、美しい・きれい・色の変色がないと見た目だけではなく汚れが付きにくくむし歯や歯周病にもなりにくいというメリットがあります。また、強度的にも優れている性質をもっています。

今回はセラミックスの修復物の色の再現についてご説明します。

セラミクスの修復物を作製するときは周囲の歯と同じ色に合わせます。例えば前歯一本だけにかぶせ物を入れる場合、その歯だけ周りの歯と色が少し違っただけでも目立ってしまったり、いかにもかぶせ物が入っているとわかってしまいます。そうならないために当院では色の再現にもこだわっています。3d

当院では3Dマスターという色の見本を使い患者さんの歯の色を再現しています。

それでは実際の色合わせについてご説明します。

3Dマスターはよく見て頂くと番号が書いています↑

カメラシェード

この3Dマスターを使い修復する歯と一緒に特殊なカメラで撮影を行います。

そして撮影した画像を歯科技工所に送ります。

歯科技工所も同じ3Dマスターをもっているので送られてきた画像をみて、番号と照らし合わしながらセラミックスをもって色を再現していきます。

保険の修復物は色が単色となってしまいどうしても完璧な審美性を求めるには限界があります。

きれいな口元は大きくお口をあけたり笑ったりするときに、人に好印象をあたえます。

投稿者: いまむら歯科クリニック

2018.07.07更新

こんにちは!スタッフの木下です☆
今年もまた梅雨の季節がやってまいりました。
梅雨といえば湿気。そしてカビ!
カビ菌は口の中にもいることはご存じでしょうか?

カンジダ菌(カビ菌)は口腔常在菌といって、常に口の中に存在するのですが、普段は唾液の殺菌力によってカンジダ菌が増えるのを抑えています。

特に気をつけていただきたいのは、入れ歯をお使いの方!!
カンジダ菌は入れ歯を好んで集まってくるので、カビの付着した不潔な入れ歯を毎日装着していると、入れ歯に接する口腔粘膜が赤く炎症を起こします。

入れ歯も歯と同様、毎日のこまめなケアが必要です。

入れ歯は朝に装着し食事を終えるたびに毎回外して、入れ歯専用ブラシを使って水で洗い流します。
歯ブラシだけのお手入れでは汚れが落としきれないので、できれば毎日入れ歯洗浄剤を使いましょう。

失ってしまった歯を補ってくれる大切な入れ歯。
清潔に長く使えるように、適切な手入れを心掛けましょう(^^)カンジダ菌

投稿者: いまむら歯科クリニック