症例一覧

2018.08.26更新

八幡西区の歯科・歯医者、いまむら歯科クリニックです。

歯の痛みはさまざまな原因がありますが今回はあごの骨までに炎症が広がる病気(感染根管)についてご説明します。

「歯がズキズキ痛む」「銀歯の入っている歯が痛む」「以前に歯の神経を取ったところが痛む」「かむと痛い」「歯ぐきが腫れて痛む」「口内炎のようなものができている」

このような症状がある場合あごの骨にまで炎症が広がっている可能性があります。

原因はむし歯や歯周病が悪化し、歯の神経が死んでしまうことが原因です。また、以前に歯の神経を取った根に細菌が侵入し、感染をおこしています。この状態を放置すると、根の先端から周囲の組織に感染が広がります。このようなときは死んだ歯の神経を取り除き炎症を鎮める「感染根管治療」が必要となります。

感染0

初診時治療のながれ

1.お口の中を診査します

2.レントゲン撮影をおこないます

3.大きく腫れている場合は麻酔をして切開をおこない膿を出します

4.かむと痛い場合などはかみ合わせの調整を行います。

5.消毒と服薬で炎症を鎮めます

歯の根は細菌による感染が原因です。原因となっている炎症物質を取り除く歯の根の治療を受ける必要があります。

2回目以降の治療のながれ

1.被せ物が入っている場合は削って外します。リーマーという清掃器具を使用し、根を広げながら感染物質を取り除きます。治療期間中、根の中には消毒作用のある薬を入れ仮の蓋をします。

感染1

2.1回で治療が終わりではなく、数回根の消毒と薬の交換が必要になります。

感染2

3.根の中の状態がよくなってきたら、薬剤と防腐剤を詰めて密封します。

 

感染3

4.根に土台をつくり、被せ物をつくり修復治療をおこないます。

感染4

 

leaf治療を受けるときに気をつけていただくこと

・治療期間中、根を触った刺激や消毒薬の刺激により痛みがでることがあります。あまりズキズキ痛む場合はご連絡ください。

・仮の蓋をしている期間中は蓋が外れることもあります。また、蓋の性状により上の部分だけが削れてしまい、舌で触ると外れている感じがすることがあります。痛みなどなければその状態でも問題ありません。

・感染根管治療は歯医者で行う治療のなかでも、時間と回数がかかる治療です。痛みがなくなったからと途中でやめてしまうと、感染が広がったり最悪の場合抜歯にもなりかねません。最後まで根気よく治療に通ってください。

 

投稿者: いまむら歯科クリニック

2018.08.23更新

歯は表層からエナメル質、象牙質、歯髄と3層構造になっています。

お口の中のでは歯の表面からリンやカルシウムが溶けだす「脱灰」と、溶けだした成分が再び歯に戻る「再石灰化」が起きています。脱灰が再石灰化を上回ると歯の表面は溶けて「むし歯)になります。

CO

歯の表面が白く濁ったり、歯の溝が茶色になったりします。表面がごく浅く溶けた状態です。フッ素を塗って再石灰化を促しながら経過をみていきます。

むし歯0

C1

自覚症状はありません。多くの場合歯科医院を受診したり検診のときに発見されます。歯の表面のエナメル質が侵され黒ずんだ小さな穴があきます。CR修復というプラスチックの樹脂を詰める治療で済みます。むし歯1

C2

象牙質までむし歯が進行しています。痛みやしみる症状があります。はじめは冷たいものがしみる症状があり、進行すると熱いものがしみてきます。

象牙質近くでむし歯が横に広がっているので歯を大きく削ります。削った大きさにより修復物の種類が変わります。むし歯2

 

C3

歯髄(歯の神経)までむし歯が進行し、炎症を起こしています。なにもしなくてもズキズキと激しく痛みます。炎症がさらに進行すると、歯髄は腐敗し死にます。

歯の根の治療によって歯を残します。むし歯4

 

C4

むし歯が大きく進行し歯の頭の部分がなくなった状態をいいます。歯髄は死んでいて痛みはありません。歯の根に膿がたまります。歯の根が大きくダメージを受けていることが多く抜歯になります。むし歯4

むし歯の進行度合いによって治療方法は異なってきます。

もしむし歯ができてしまったなら、C2から進行しないようにすることがポイントとなります。

C3までむし歯が進行すると歯の神経を取らなければいけません。歯の神経を取ると歯質が弱くなり、歯の寿命を縮めてしまいます。また治療も複雑になり治療回数も増えてしまいます。

むし歯にならないようにまたむし歯が進行しないようにしっかりと予防していきましょう。

 

 

投稿者: いまむら歯科クリニック

2018.08.13更新


智歯とは永久歯が28本生えそろったあとに一番奥に生える第3大臼歯のことです。別名親知らずといわれています。
やわらかい物ばかりを食べる現代人は顎の発達が悪く、親知らずの生えるスペースがないといわれています。お口の中に親知らずの生えるスペースがないとき、その親知らずが原因で周囲の歯や歯肉に炎症を起こすことがあります。これが智歯周囲炎です。炎症が悪化した場合は、お口全体の健康を守るために抜歯することもあります。

歯は生えてくる途中は歯肉が被っており、お手入れ不足でむし歯や歯肉に炎症を起こします。親知らずの場合は、一番奥に生えるので磨きにくい上、周囲の組織は炎症が広がりやすい構造をしています。そのため感染が起きると頬や顎の腫れ、のどの痛み、発熱といった激しい症状がおきてしまいます。

親知らず

leaf智歯周囲炎の治療について
1. レントゲン診査をします。
パノラマレントゲンという親知らずがしっかりと写るレントゲン撮影をおこないます。

2. 患部の消毒をおこないます。

3. 炎症をおさえるため抗生剤を3日間ほど飲んでいただきます。
炎症が強い場合は抜歯を行うことはできません。麻酔が効かないことや、抜歯をした後に感染をおこす場合があるため、消炎をおこないます。

4. 親知らずがまっすぐに生えていない場合や、隣の歯に悪影響を及ぼす場合、また智歯周囲炎を繰り返すと判断された場合は抜いたほうが良いでしょう。

5. 親知らずがまっすぐに生えている場合は抜歯をする必要はありません。

6. 親知らずが顎の中の深い位置まで埋まっている場合や、抜歯を行う際危険が伴うと判断されるときは大学病院を紹介します。

投稿者: いまむら歯科クリニック

2018.08.02更新

抗がん剤はがん細胞の活動を押せえることができますが、正常な健全な細胞にもダメージを与えます。特にお口の中は影響を受けやすい部位のひとつで、治療の副作用で痛みや炎症などが起こることがあります。お口に不具合があると食事や会話に積極的になれずに日々の生活を快適に送ることができなくなってしまいます。

また、がんなどの手術の前後に口腔ケアを行うと、副作用や合併症を減らし入院日数の短縮につながります。

抗がん剤がお口に与える影響

leafお口の粘膜や口内炎といった炎症が起こりやすくなる

leafだ液の量を減らす

leaf味覚の異常

leafむし歯や歯周病の悪化

leafごくまれに顎の骨が壊死する

ケア

 

口腔ケアの目的

・お口の中の痛みを減らし、お食事が快適に摂れるようにする

・お口の中を清潔に保ち細菌の繁殖を抑え、肺炎などの感染症を防止する

・だ液の分泌を促し、自浄作用を促進する

・お口の中に残った食べかすや歯垢を取り除き、むし歯や歯周病を予防する

・口臭の予防

 

口腔ケアだけでは、がん治療の副作用は完全に防ぐことはでませんが、誤嚥性肺炎などの感染症を予防する重要な役割を担っています。

食事や会話を楽しんで快適な生活が送れるように、お口のケアをしましょう。

当院ではがん患者さんの口腔ケアを実地し、日常の歯みがきだけでは取り除けない歯垢や歯石を除去します。また入れ歯の洗浄、消毒も行います。

投稿者: いまむら歯科クリニック

  • 院内ブログ
  • 歯の豆知識
  • 料金について