審美歯科

審美歯科とは?

審美歯科とは、歯の機能に加えて、美しさをより重視した治療です。歯を白くしたり、歯並びのバランスを整えたりすることで清潔感のある明るい印象を与え、見た目の印象とお口の環境を改善していきます。

歯の審美面でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
当クリニックの審美歯科では、歯を白くする「ホワイトニング」、歯の形や色を美しくする「セラミッククラウン(被せ物)」、「ラミネートべニア」などの治療を行っています。

オールセラミックス

セラミック(陶器)素材の被せ物を使った治療です。
汚れが付きにくく変色をしない素材のため、天然歯のような自然で美しい仕上がりになります。

セラミックインレー

虫歯の詰め物を、セラミックを使用して行う治療です。
金属のように目立たず、自然な白さに仕上がります。
銀歯が気になる方、金属アレルギーの方などにおすすめです。

セラミックス治療における当院のこだわり

色調へのこだわり

保険材料の被せ物は色の種類に限りがあるため、自然な歯の色と分からないくらいに作製することには限界があります。材質もプラスチック製なので透明感などを再現することはできません。そのため被せ物を入れた場合、遠くからではわからないかもしれませんが、近くで見ると被せ物だとわかってしまいます。
当院のセラミックス治療は色の3要素といわれる色相、明度、彩度を考慮し作製をおこないます。自然な歯と変わらないくらいの審美を求めています。

保険材料の色は限られていて単色となります。

当院のセラミック治療は3D masterを用いたシェードテイキングを行っています。

患者さんのお口の中と3D masterを撮影し、画像を歯科技工士に送ります。歯科技工士は同じ3D masterを使用し画像をみて周囲の歯と同じ色で作製していきます。

精度へのこだわり

被せ物の型を取るときは、患者さん個人の型取りの装置を作製し、より精密な型が取れる材料を使用しています。精度の高い被せ物はむし歯になりにくく、歯ぐきにも衛生的なので被せ物を長く使っていただけます。

ラミネートべニア

歯の表面をごく薄く削ってセラミック製のシェル(薄片)を貼り付け、歯の形や色を美しく整える治療法です。
歯の変色や隙間が気になる場合などに有効です。

歯の表面のエナメル質をごく薄く削ってセラミックの薄いシェルを貼付け、歯の形や色を美しく整える治療法です。付け爪をイメージしてもらえるとよいかもしれません。歯とセラミックを強力に接着するセメントの開発により歯を削る量が最小限となり、歯にとってもやさしい治療法です。

ラミネートベニアはこのようなお悩みがある方におすすめしたい治療です

  • 広範囲の虫歯がある
  • 以前に詰めたものが変色している
  • 前歯の間に隙間がある
  • 歯の形に問題がある
  • 歯の表面の性状を変えたい
  • 歯並びをきれいにしたい
  • 先天的に、あるいは薬などの影響で後天的に前歯に変色がある

    *ラミネートベニアは主に前歯が対象の治療法です

治療のステップ

[診査と診断] お口の中をチェックします
  ↓
[歯の切削] 歯の表面のエナメル質をごく薄く削ります(痛むときは麻酔をします)
  ↓
[型をとります] 削った歯の型をとりセラミックのシェルを作製します
  ↓
[歯への接着] 出来上がったシェルを歯に接着します
  ↓
[調整と研磨] かみ合わせを調整します

  • 院内ブログ
  • 歯の豆知識
  • 料金について