院内ブログ

2018.01.22更新

 

こんにちは!スタッフの木下です。
先週の暖かさが一変、今週も寒くなるようですね。
雪の予報も出ています(>_<)
この前雪が積もった日はスタッフ全員通勤が大変だったので、今回は積もらない事を祈るばかりです・・・

さて、今回は10代の方、成人女性の方にオススメの歯ブラシをご紹介します!歯ブラシ

 ルシェロ歯ブラシ B-20 M [ピセラ]
① 磨きにくい部分にしっかり届く「先端集中毛」
→先端の山型形状により、奥歯の奥や生えかけの歯の周り、歯並びの悪い部分が磨きやすい!

② 歯と歯の間もしっかり磨ける「段差植毛」
→長い毛と短い毛を混合することで、歯と歯の間に毛先がしっかり届きます!

③ 歯にしっかりとフィットする「4列植毛」
→生えかけの大人の歯がありデコボコしている状態でも安定したブラッシングができます!

生えかけの大人の歯を磨くのが難しい10代の方、
大人用の歯ブラシでは大きくて口の中で動かしにくい成人女性の方の要望に応えた
歯ブラシです。
しっかり汚れを落とすために、自分のお口にあった歯ブラシを使いましょう!
いつでもご相談ください(^^)

投稿者: いまむら歯科クリニック

2018.01.15更新

 

こんにちは、スタッフの田中です。
本格的な寒さとなりました。

さて、皆さんは歯磨きをどのタイミングでしたらいいのか疑問に思ったことはありませんか??
ここ10年ほどで、歯磨きの常識もずいぶん変わってきました。
昔は「食後3分」なんてよく耳にしたものです。
食後すぐに3分間磨こうと・・・。

食後すぐに歯磨きをすると、その前に口にした食べ物や飲み物の酸で、一時的に柔らかくなった歯の表面のエナメル質を削ってしまう恐れがあるのです。
口の中が酸性になっても、通常はしばらくすれば唾液の力で中和されます。
しかし、口の中の菌は増殖しているので、歯垢は早く落としたい!

結論からいうと、食後はすぐにうがいをし、酸を流して菌の増殖を防ぐ。
歯磨きをするタイミングは、口の中が中性に傾く、食後15~30分がよい。

とはいうものの、きちんと歯垢を落とせていることが1番大切です!
1日3回なんとなく磨くよりは、唾液が減少して菌が繁殖する就寝前の1回にしっかり磨いて
歯垢を落とすほうが良かったりもします。

歯の大きさや歯並びは人それぞれ。
自分に合った歯ブラシや歯磨き粉、磨き方も重要になってきますので
いまむら歯科で一度チェックしてみてはいかがですか?

投稿者: いまむら歯科クリニック

2018.01.02更新

2018年

新年明けましておめでとうございます。

院長の今村です。皆さま、お正月をいかがお過ごしでしょうか?

いよいよ2018年もスタートしましたね。昨年は北朝鮮のミサイル問題や各地で災害があり不安な年でしたね。今年は平穏無事な年であることを祈っています。
さて、スタッフみんなで今年一年の目標を漢字一文字で表現してみました。毎年年末に清水寺でその年の世相を漢字一文字で表現する行事は有名ですね。
私は今年の目標の一文字に「実」を選びました。毎日忙しいと、決めたことがなかなか出来なかったり、後まわしにしたりします。その反省点もふまえて、決めたことを「実行する」「実践する」「確実にする」という意味を込めて。また「実を結ぶ」という願いを込めてこの一文字に決めました。

スタッフの目標の一文字はニュースレターの新春号で紹介しますのでご覧になってください。
いまむら歯科クリニックでは今年も皆様のお口の健康をサポートしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

投稿者: いまむら歯科クリニック