症例一覧

2018.03.25更新

八幡西区黒崎の歯医者、いまむら歯科クリニックです。

今回は唾液のはたらきとむし歯予防についてご説明します。

唾液には消化吸収を助けるだけではなく、お口や全身の健康を守るためのさまざまなはたらきがあります。むし歯予防にも唾液はたいへん重要な役割を果たしています。

唾液のもつ3つのはたらき

leaf洗浄・殺菌・抗菌

唾液はお口の中をたえず流れて、食べかすやお口の中にすんでいる細菌を洗い流します。まただ液に含まれた免疫物質は、粘膜からの細菌感染を防ぎます。

leafお口の中を中性にする

唾液には飲食で酸性に傾いたお口の中を中性に戻す作用があります。むし歯の原因菌であるミュータンス菌は食べ物に含まれる砂糖や炭水化物を分解して酸をつくりますが、唾液はこれを中和してむし歯の始まりを防ぎます。

leaf再石灰化

唾液には歯の成分であるカルシウムやリンが含まれています。お口の中のミュータンス菌が食べかすなどを分解して作り出した酸は、歯の表面のエナメル質を溶かします。この時唾液があると、唾液中のカルシウムやリンが溶けだした部分を補うように歯の表面に付着して歯を修復します。これが『再石灰化』作用です。唾液が多いほど再石灰化のはたらきが強くなります。

投稿者: いまむら歯科クリニック

2018.03.14更新

遊んでいて転んで歯を打ったり、事故などの外部からの力によって歯が顎の骨から完全に抜けてしまったり、歯が顎の骨の中でグラグラしたりすることがあります。このような場合歯を顎の骨に固定している歯根膜(歯の根にある組織)は断裂しています。これが歯の脱臼です。脱臼には完全に抜けてしまう完全脱臼と歯根膜の一部が断裂している不完全脱臼があります。

歯の脱臼の治療法

歯根膜が生きていれば治療によって歯を守ることができます。しかし歯根膜が死んでしまうと抜歯になります。歯根膜にダメージを与えないようにして、なるべく早く歯科医院を受診します。

tooth少しだけグラグラしている場合:そのまま安静にして経過をみます。

tooth大きくグラグラとしている場合:1カ月~3か月の間、両隣の健康な歯と連結・固定して安静にします。

tooth位置がずれているとき:歯をもとの位置に戻します。そして両隣の歯と固定します。

tooth歯が抜け落ちたとき:その歯をもってすぐに歯科医院に行きます。歯の根の部分を触らずに軽く汚れを洗い流してください。

            元の位置に戻せる場合は戻してみます。戻せない場合は乾燥させないように牛乳などに浸して保存します。

 

leaf注意点

水道水に長く浸けたり薬剤での消毒はしないでください。歯根膜が死んでしまいます。歯根膜は乾燥に弱いため、お口の外では30分程しか生きられません。可能であれば30分以内に歯科医院を受診しましょう。歯が抜け落ちてから時間が早ければ早いほど歯を守ることができます。

歯を打って少しだけグラグラしている場合でも、その後歯の色が黄色や茶色に変色してくる場合があります。これは歯の中の神経が死んでしまっていることが考えられますので治療が必要になります。

投稿者: いまむら歯科クリニック

2018.03.01更新

ほっぺたの内側や歯ぐきの表面に円形の白い潰瘍ができ、食べたり飲んだりするとしみてヒリヒリしときには激しく痛むこともあります。これが口内炎です。

口内炎の原因はお口の清掃不良、歯や詰め物の尖った部分による粘膜の刺激、体調不良や栄養障害、ウィルス感染、疲労やストレスなどです。

素人目には同じように見えても治療方法は原因によって異なっています。歯科医院では塗り薬やレーザーによる治療が行われます。まずは正しい診断が必要ですので歯科医院で診てもらいましょう。

 

leafアフタ性口内炎:直径5ミリくらいの円形の白い潰瘍で、その周囲は赤く腫れています。1週間くらいで治りますが、熱いものや辛いものを食べたときに強く痛むために栄養や水分が不足し、症状が悪化することがあります。

leafカタル性口内炎:ほっぺたの内側や舌を噛んでしまったとき、矯正装置があたったところが赤くただれて痛みます。

leafカンジダ性口内炎:お口の中に棲むカビ(真菌)の一種であるカンジダ菌が原因でできます。入れ歯の下の歯肉がただれて痛むもの、舌全体が白い苔のようなものに覆われるものなどいろいろな症状があります。

 

口内炎の予防

clover口腔内を清潔に:日ごろから歯磨きや舌のお掃除をしましょう。力を入れすぎた歯みがきや舌磨きは歯肉や唇、舌の粘膜を痛めます。

cloverお口の乾燥を防ぐこと:疲労やストレスは唾液の分泌を抑え、唾液のもつ抗菌作用を低下させます。水分を補ってドライマウスにならないようにしましょう。

clover生活習慣を見直す:ストレスを軽減し、バランスの良い食事をして体の抵抗力を高める生活をしましょう。

 

なかなか治らない場合には…

口内炎にはアレルギーや自己免疫疾患など重大な病気が原因で発症している場合もあります。健康管理の上からも、内科も受診することをおススメします。

投稿者: いまむら歯科クリニック

  • 院内ブログ
  • 歯の豆知識
  • 料金について