症例一覧

2018.02.22更新

歯並びは乳幼児期からの生活習慣が大きく影響します。

きれいな歯並びや正しいかみ合わせにするためには周りの大人が気を付けてあげてください。

正しくない歯並びやかみ合わせのことを不正咬合といいます。不正咬合は見た目だけでなく、むし歯や歯周病になりやすく、また顔の成長を妨げるなどの不調和が生じます。

leafさまざまな不正咬合

出っ歯出っ歯

受け口受け口

八重歯八重歯

開咬開咬

 

leaf0~2歳で気を付けること

①授乳はできるだけ母乳で

 赤ちゃんが母乳を吸う行為は「かむ」「飲み込む」などお口の機能発達の基礎になります。

②指しゃぶり、おしゃぶりは3歳になるまでは大丈夫

 指を吸う、おもちゃをくわえるなどの遊びは、お口や舌の機能の発達を促す大切な行動です

③あおむけに寝かせましょう

 うつぶせ寝は顎に負担がかかり不正咬合の原因になります。

 

leaf3~5歳で気を付けること

①指しゃぶり、おしゃぶりはやめましょう

 歯並びやかみ合わせに影響を与えるため3歳を過ぎたらやめましょう。

②口を閉じ左右の奥歯で均等にかんで食べる

 左右のどちらかだけでかんでいると、バランスが崩れ不正咬合の原因になります。なるべく左右均等にかみましょう。

③食事中の姿勢に注意

 食事中は背筋をのばして、足は床や踏み台につけましょう。足をブラブラさせていると、姿勢が不安定になり力が入らずバランスが崩れます。

④頬杖をつかない

 頬杖は顎のゆがみを引き起こします。

 

leafよくあるご質問

①こどもが夜寝ているときに歯ぎしりをしますが大丈夫ですか?

 こどもの歯ぎしりに関しては問題ありません。残念ながら、原因は良く分かっていません。自然と治ってくることが多いので経過をみましょう。

②前歯の間に隙間あります。閉じてきますか?

 乳歯列の隙間は発育空隙といって、あってかまわないものです。むしろあった方が永久歯に生え変わったときにがたがたが出にくくきれいな歯並びになります。

投稿者: いまむら歯科クリニック

2018.02.07更新

お子様にアレルギー性鼻炎などがあると口呼吸をしていることがあります。

一度口呼吸に慣れてしまうと癖になってしまい、鼻閉は改善しているのに鼻呼吸ができなくなってしまいます。口呼吸

 

慢性的な鼻炎などで鼻づまりがあり口呼吸しなければならない場合もありますが、鼻づまりが治った後も口呼吸の方が楽であるため癖になってしまうことがあります。鼻に新鮮な空気が送られなくなるために、口呼吸をすることによってますます鼻のとおりを悪くするという悪循環も起こります。

お子様には口は開いているのではなく、閉じて鼻呼吸することが正しいことを教える必要があります。

口呼吸によるお口への影響には次のことが考えられます。

①前歯に歯肉炎が生じます

②前歯が乾燥して唾液によるむし歯予防作用が得られないために、むし歯が出来やすくなります

③お口がポカンとあいてしまいますので、出っ歯の原因になります

④舌の位置が低くなることにより、顎の成長に影響を及ぼします

⑤お口の中が乾燥するため口臭の原因になります

おしゃぶりが口呼吸の予防によいともいわれていますが、現時点では科学的な根拠はありません。

投稿者: いまむら歯科クリニック

2018.02.01更新

タバコはお口の天敵です

タバコの煙には4,000種類以上もの化学物質が含まれています。そのうち発がん性物質は60種類ほどをしめています。

特にお口の中の歯、歯ぐき、舌、粘膜はタバコの煙が触れる場所のため、様々な影響を受けます。

タバコの中に含まれるニコチンは歯ぐきの毛細血管を収縮させ、またニコチンの作用により免疫力を低下させます。軽度の喫煙でさえ糖尿病とおなじくらい歯周病を悪化させる原因になるともいわれています。

タバコによってお口の中ではこんなことが起こっています

ニコチンによって歯ぐきが貧血・酸欠状態になります。

タールによって歯石・ヤニがこびりつきます。

 

たばこ以上のようになると歯ぐきが黒ずんでしまったり、歯ぐきから出血しないため歯周病に気づかず悪化させてしまいます。

タバコの煙は治療効果が出にくく、歯周病の状態を隠すため、自分で病気を発見しくくなります。

 

できることなら禁煙を、そうでなくてもできるだけタバコを吸わないようにすることは、お口の健康だけでなく、全身の健康にも役立ちます。

投稿者: いまむら歯科クリニック