症例一覧

2018.04.26更新

歯並びを改善してより健やかに美しく

矯正治療の目的は、見た目の美しさだけではなく、歯とお口そして全身の健康増進にあります。矯正治療は治療を受ける患者さんと歯科医師が二人三脚で協力して治療を行わなければいけません。

矯正治療がなぜ必要か、きちんと理解して治療のゴールを目指しましょう。

toothむし歯や歯周病になりやすい

歯並びがデコボコして歯列の不正があると、歯の重なったところは通常よりよごれが溜まりやすい状態になります。また歯ブラシの毛先も届かずどうしてもお手入れが不十分になります。歯並びの悪い方のお口は、むし歯や歯周病になりやすい環境になってしまいます。

tooth正しい発音ができない

多くの場合、舌やお口の周囲の筋肉の動きにも問題があります。舌足らずな発音やさ行などの摩擦音が上手に発音できません。

tooth咀嚼に障害を起こします

食べ物を十分にかみ砕くことができず、栄養摂取の効率が悪く、胃腸障害を起こすことがあります。

tooth顎関節症を起こす

歯並びやかみ合わせの悪さから顎の関節に負担がかかり、お口が開かない、顎の関節から音がする、お口や顎の周囲の筋肉が痛いといった顎関節症の症状を引き起こします。

tooth人格形成の問題

歯並びの悪さから劣等感が強くなって、人前で笑うことができない、人前で話すことが苦手になるといった、消極的になる方がいます。

投稿者: いまむら歯科クリニック

2018.04.12更新

歯が何本か抜けてしまったとき何らかの方法で人工の歯を入れないといけなくなります。

初めての入れ歯はほとんどの方が強い違和感をかんじるようです。しかし、違和感があるからといってあきらめずに慣れることが必要です。もし歯が抜けたままにしておくと、残った健康な歯が動いて延びたり、傾いたりしてしまってかみ合わせが悪くなってしまいます。入れ歯がなくても噛めるからといってそのままにせずに、残った自分の歯を守るために入れ歯に慣れるようにしましょう。

入れ歯にもいろいろな種類の入れ歯があります。

clover理想的な入れ歯は

①よく噛めて外れない

②自分の歯に負担をかけない

③装着感がよい

④長持ちする

⑤審美的で長持ちする

以上のことが挙げられます。

clover新しく入れ歯を装着したときの注意点

①寝るときは入れ歯をはずして歯ぐきを休めてあげましょう。

②入れ歯の表面は見た目はきれいでも細菌が付着しやすいので、週に2・3回は「入れ歯洗浄剤」を使ってください。

③入れ歯をいれて最初から硬いものは噛めません。まずは慣れることからはじめましょう。

④新しい入れ歯は調整が何度か必要です。

⑤月日が経つと歯ぐきの形、かみ合わせは変わります。何もなくても定期検診にいらしてください

投稿者: いまむら歯科クリニック

  • 院内ブログ
  • 歯の豆知識
  • 料金について