症例一覧

2018.07.22更新

周術期とは、手術前~手術後の期間のことをさします。手術を安全に乗り切るためにはさまざまなリスクを考慮して適切に対応することが大切です。

当院では周術期の口腔ケアを実地しています。

むし歯や歯周病の原因となる歯垢1mgのなかには約1億個の細菌がいるといわれています。お口の中の細菌は全身にも影響を及ぼすことが分かってきました。歯垢は日常の歯みがきだけでは完全には取り除けません。当院では周術期の患者様に口腔ケアを実地し、歯垢や歯石を取り除きます。また、バイオフィルムの除去入れ歯の洗浄も行います。歯垢

口腔ケアの効果

・術後の肺炎予防

お口の中の細菌が肺に入ると肺炎を起こします。全身麻酔の手術では挿管チューブと共に細菌が気管に押し込まれ肺炎を起こすことがあります。特に手術後は抵抗力が下がっているため、肺炎のリスクが高まります。

・手術部位の感染予防

唾液と共に飲み込んだお口の細菌が手術した部位に感染すると治癒が遅れることがあります。

・むし歯・歯周病などの予防

・グラついてる歯を発見できる

グラグラしている歯があると、全身麻酔の挿管時に支障がでることがあります。そのような場合、手術の前に抜歯や固定を行う必要があります。

手術の前後に口腔ケアを行うと、副作用や合併症を減らし入院日数の短縮にもつながることがわかってきました。

周術期の口腔ケアを受けて様々なリスクを予防しましょう。

投稿者: いまむら歯科クリニック

  • 院内ブログ
  • 歯の豆知識
  • 料金について