症例一覧

2020.01.30更新

こんにちは院長の今村です。1月も終わりますね。早いですね。
最近、テレビやネットのニュースでは新型コロナウイルスの話題でいっぱいです。感染がどんどん拡がり、特効薬がなく症状に応じた対処療法しかないようです。50代以上の方や糖尿病などの持病がある方は気をつけたほうが良いそうです。予防法は風邪やインフルエンザと同じで、手洗いうがい、マスクをする、人混みを避ける、栄養をとる、睡眠をしっかりとる必要があります。自己管理が大切ですね。

マスク
遠い中国での感染だから当院はそんなに影響を受けないだろうと高を括っていましたが、別の形で被害がおよんできました。マスクです!マスク!
歯科医院では患者さんを治療するときにマスクをします。そのマスクが歯科関係の業者さんに問い合わせても品切れが続いているようです。当院では1日10枚くらいのマスクを使用します。まだ在庫はありますが、業者の方からいつ入ってくるかは未定だそうです。心配ですね。
今回は矯正治療についてお話します。
歯並びが悪いと見た目だけではなく、むし歯や歯周病になりやすいとご存じですか?
また顎の関節やその周囲の筋肉にまで悪影響を及ぼすこともあります。健康で美しい笑顔のためには矯正治療は有意義な治療となります。
矯正治療に用いる装置にはすべての歯にワイヤーをつける装置や、取り外しの可能な装置など様々なものがあります。どのような装置を使うかは症状にあわせて選びますが、見た目の問題や治療期間の問題などよく話し合ったうえで決めていきます。
抜歯が必要なの?
矯正治療をするにあたり小臼歯を抜歯しなければいけないケースもあります。これは歯の大きさと歯が並ぶ場所である歯槽骨との大きさのバランスをとるために行います。しかし実際にはこのことが矯正治療に踏み切れない原因のひとつになっています。最近では小臼歯を抜歯しない矯正法も確立されてきていますので相談してみてもよいでしょう。ただしどちらの方法が正しいということはありませんので歯科医院でしっかり説明を受けるとよいでしょう。
矯正治療を始める時期は?
歯並びや噛み合わせが悪いのは、乳歯の時にある程度予測ができる場合があります。この場合咬合誘導としてその時点から矯正を始めることがあります。また永久歯がはえそろってから始めたりすることもあり、一概にこの時期から矯正治療を始めなくてはならないといったタイミングはありません。
大人でも矯正できますか?
最近では歯並びや噛み合わせへの関心が高くなり、矯正治療は子どもの頃にするだけではなくなってきています。歯周病で歯の位置異常が起こったものや噛み合わせの治療でも矯正するケースもあります。
いまむら歯科クリニックでは月に2度矯正専門医による無料相談を行っています。気になる方はご相談ください。

投稿者: いまむら歯科クリニック

  • 院内ブログ
  • 歯の豆知識
  • 料金について