院内ブログ

2021.02.20更新

こんにちは、スタッフの竹内です。
今週は、気温の上がり下がりがすごい1週間でしたね。思えばまだ2月まだまだ寒くて当たり前ですね。気温の変化に体がついていかない今日この頃ですが風やコロナに負けないよう体調管理しましょう。


いまむら歯科クリニックでは、リコールの大切さを患者さんにお伝えしつつリコール(定期検診)を担当制にして、衛生士一人一人が患者さんと向き合ってブラッシングの大切さや、歯肉の状態や虫歯のチェックなどをしています。
その中でも今回はブラッシングの大切さについてお話ししたいと思います。

竹内

歯周病は、プラークコントロールに起因する病気です。したがって、歯周炎の治療はプラークコントロールが主体となります。
歯周治療の中でも最も重要な事は、患者さん自身のブラッシングの水準をいかに高め、かつそれを維持するかです。
そのためには、患者さんへのブラッシング指導は重要なステップです。そのため、ブラックシング指導は繰り返し続けることが重要です。
ブラッシング指導では技術的なことだけを指導するのではなく患者さんのモチベーションを維持しないといけません。
患者さんのモチベーションを下げない為にも、私たち衛生士は患者さんへのブラッシング指導のやり方などスタッフと相談したりして、自分のスキルを上げる努力もしています。

まず1つ目は、ブラッシングに使う歯ブラシですが、誰が使っても明らかに効果の高い歯ブラシと言うものは存在しません。電動歯ブラシについても同様で誰にでも合う歯ブラシと言うものはありません。少しでも皆さんに合う歯ブラシを探して使っていただくと良いと思います。
2つ目は、歯ブラシの当て方です。清掃したい歯の部分にしっかり歯ブラシが当たるように磨くことが重要になります。磨いて欲しい部分は歯と歯の間と歯と歯茎の境目になります。
そこにしっかり歯ブラシの毛先が当たるようにして磨いてもらうと良いです。
3つ目は、葉を磨く時間です1日3回しっかり磨いてもらうことがベストですが、朝、昼は唾液の量も多いし起きている間はお茶を飲んだりするので自浄作用もあるので軽く磨いてください。そのかわり、寝ている間は唾液の量も減りますし何も口の中に入れることがないのでブラッシングが不十分のまま出てしまうと寝ている間に細菌が繁殖してしまうので、虫歯や歯周病のリスクが上がるので、寝る前にしっかり磨いてもらいたいのです。寝る前にしっかり時間をとってもらいたいのですが今の時期、洗面所などが寒くて長い時間いられないので入浴中を使ってもらうように進めています。湯船につかっている時間を使って歯ブラシをしてもらうとリラックスをしているのでブラッシング圧の軽減にもつながると思うし無理なく続けられると思います。夜寝ている間に口腔内細菌が増えるわけですからできれば朝起きてすぐ歯を磨いてもらうのが良いと思います。想像してください、寝ている間に口の中に細菌が繁殖したもの(私が聞いた話によるとうんこ一個分)を朝起きて歯を磨かないと朝食と一緒に飲み込んでしまうことになるのです。4つ目は歯磨き粉です。
歯磨き粉にはフッ素が多く含まれているものや口腔内細菌を抑制するものなどあります。
普段のブラッシングにプラスするとブラッシングの質も上がると思います。

リコールに来られた際に、家で使っている歯ブラシを持ってきていただいて開け方などを確認していただいても結構です。わからないことなどいろいろあったら聞いてください。

投稿者: いまむら歯科クリニック

2021.02.08更新

 

こんにちは、スタッフの田中です(^₋^)
梅便りが聞こえるこのごろ、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。
私の家の梅も咲き始め、めじろやうぐいすが遊びに来てくれます。

さて、今回はバレンタインデーが近いので「チョコレート」についてのお話です。
チョコレートは疲れたときに食べると癒されますよね。
カカオには、心を安らかにする作用があるといわれていて、リラックスしたいときには
おススメです。

tyoko

私は朝食後にコーヒーと一緒にチョコレートを食べる、というのが日課になってしまって
もう何年もやめられずにいます(;^_^
あの甘さは癖になりますね~(笑)

しかし、お菓子の中でもチョコレートは甘いので、虫歯にならないか気になりますよね。
小さなお子様にチョコレート、というのも気が引ける方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで朗報!!
チョコはチョコでも、「歯医者さんが作ったチョコレート」をご紹介します♪♪

この甘味料には「キシリトール」が使われています。
キシリトールは砂糖と同じくらい甘いのに、虫歯の原因となる“酸”を作りません。
しかもその甘みで唾液が出やすくなり、お口の中も中和されます。
一定期間以上お口の中に入れると歯垢が付きにくくなるだけでなく、歯の再石灰化を促し、歯を硬くします。
さらに、虫歯の大きな原因であるミュータンス菌の活動を弱める働きも持っています。
カロリーも低く体内へ吸収されるのが遅いです。

※キシリトールの代謝はインシュリンに依存しないため、血糖値を上昇させません。
 なので、糖尿病の方や妊婦さんが摂取しても問題ありません。

「キシリトールガム」も良いものですが、噛むこと、最後は出さないといけないこと、
が大変な方もいます。
なので飲み込もうとする小さなお子様、
くっつきが心配な、義歯(入れ歯)を使われている方、
介護が必要な方、にも安心です。

歯磨き後に食べてもらうのがベストなのですが、後味もすっきりしているので
寝る前に食べても効果的です。
冷凍庫保存もできます。
ゆっくりなめて溶かしながら食べてください。

☆1回の摂取目安
 幼児(2歳以上)は1粒程度
 小児(5歳以上)は1~3粒程度

☆1日の摂取目安
 1~3回程度

いまむら歯科クリニックではバレンタインデーに因んで、2月12日~15日に来院された方にこの「歯医者さんが作ったチョコレート」をプレゼントいたします♪
お取り扱いもしていますので、気になる方はスタッフにお尋ねください。

チョコレートを食べて虫歯が予防できるなんて、夢のようではないですか~(笑)
一度ためしてみてはいかがでしょうか??

投稿者: いまむら歯科クリニック

  • 院内ブログ
  • 歯の豆知識
  • 料金について