院内ブログ

2020.06.29更新

 


こんにちは、スタッフの平田です。
毎日ジメジメとした天気が続きますが、皆さん如何お過ごしですか?

さて今回のブログでは、入れ歯のお手入れ方法についてお話しさせて頂こうと思います。
皆さんはどの様にお手入れされていますか?
入れ歯の方は食事の度に外して洗ったり洗浄剤に浸けたりと大変ですよね。
入れ歯はプラスチックで作られているのでプラークや着色が付きやすくなっています。
不衛生な入れ歯をそのまま使い続けていると、細菌の影響で歯茎が炎症を起こしたり口臭が発生しやすくなります。
更に部分入れ歯のバネの所が汚れたままになっているとバネのかかる歯が虫歯や歯周病になってしまいます。
また体力の低下しているご高齢の方に多く見られる誤嚥性肺炎も入れ歯に付着した細菌が原因で起こる事がありますので、いつも清潔にして使いましょう。

皆さん食事をした後は歯を磨きますよね。
入れ歯も同じで磨いてあげないとプラークが付き細菌が繁殖して入れ歯がヌルヌルになってしまいます。
そして入れ歯に付いたプラークは数日で固まってきて歯石化してしまいます。
歯石になるとブラシで洗っても取れなくなりますのでそうなる前に毎食後入れ歯を外して洗う事を習慣にして下さい。
ただ入れ歯を洗う時の注意点がありますので次の事を守って下さいね。

gisi

入れ歯はプラスチックで作られているため傷が付きやすいです。
一度傷が付いてしまうと深い所に細菌が入り込んで菌が繁殖してしまいますので、入れ歯を磨く時は歯を磨く歯ブラシよりももっとやわらかい入れ歯専用のブラシを使って優しく丁寧に磨く様にして下さい。
それから歯を磨く歯磨き粉の中には研磨剤が入っている事が多く入れ歯を傷付けるため絶対に使わないで下さい。
こちらも入れ歯専用のものがいいのですが、おすすめは『フレッシュクレンズ』という泡状の入れ歯洗浄剤です。
この泡を入れ歯に付けてブラッシングすると水だけでは落とせない汚れも手軽に素早く落としてくれて除菌もしてくれます。(99.9%)
よく濯いだ後もミントの香りが持続して爽やかですよ。
勿論入れ歯に優しい研磨剤ゼロです。

★『フレッシュクレンズ』の使用方法
①容器をよく振ります
②入れ歯の大きさによって1プッシュから2プッシュの泡を入れ歯に直接出します
③60秒から90秒間入れ歯専用ブラシで磨きます
④流水でしっかり濯ぎます

きめ細かな泡の効果で、入れ歯の入り組んだ部分にも入り込んで浸透し汚れを包み込んで浮かせて剥がしてくれます。
これだと入れ歯を傷付ける事なくしっかり除菌・消臭してくれるので安心ですね。

入れ歯はお手入れを間違うと細菌の温床になってしまいます。
有害な細菌を除去するために専用のブラシや洗浄剤を使って毎日きちんとお手入れする事が大切です。

投稿者: いまむら歯科クリニック

  • 院内ブログ
  • 歯の豆知識
  • 料金について