院内ブログ

2021.09.20更新

 

こんにちは。八幡西区の歯医者、いまむら歯科クリニックの和田です。

まだまだコロナ禍で、ステイホームが続きますね。お家にいるとどうしても口寂しくなり別にお腹が空いている訳でもないのに、ついついお菓子やらアイス、ジュースなどを間食してしまわないですか?

さて今回は、虫歯がどうやって出来るかについてお話ししますね。

和田さん

まず、虫歯ができるまでの過程ですが、私たちのお口の中には色々な細菌がいます。私たちが糖分の入っている食べ物を食べたり飲んだりとお口の中に摂取すると、お口の中の虫歯菌がその糖分を好みエサにします。
その時に、虫歯菌が酸(毒素)を出して歯の表面を溶かしてしまいます。そのまま何もせず放置してしまうとどんどんと進行してしまい遂には、歯に穴を開けてしまい冷たい物がしみたり甘いものを食べたときにお痛みなどの症状が出てきてしまいます。

でも、糖分を摂取しない!と言うのは無理ですよね?私は我慢出来ません。笑

ですが、虫歯が出来るまでには"4つの条件”が全部重なった時に出来るので、4つの条件の内ご自身が出来る所から1つでも対策していけたら予防する事ができます。

◉ 虫歯を作る4つの条件 ◉

①虫歯になりやすい"歯の質"
②''糖分"の摂取量と頻度
③お口の中の"細菌"の量が多いい
④食べている"時間"の長さと頻度

◉ 4つの条件の原因と予防策 ◉

①虫歯になりやすい"歯の質"

・ 歯の質が弱い。歯の表面の構造が弱いと虫歯になりやすいです。フッ素入りの歯磨き剤を使用したり、定期的にフッ素を塗布して歯の質を強化しましょう。

・歯並びが悪く歯と歯が重なり合ったり、親知らずが生えている。など歯ブラシが届きにくく不十分に歯磨きが出来ない所にプラーク(細菌)が溜ってしまい虫歯になってしまいます。ご自身の歯に合った歯ブラシを使用して正しい歯磨きをし、歯並びが悪い場合は、矯正治療をするなど対策しましょう。

・唾液の量が少ない。唾液にはお口の中の酸性状態を中和する作用、洗浄作用や殺菌作用、修復作用があります。そのため、よく噛んで食べたり、唾液腺をマッサージしたりと分泌を促すなどの対策をしましょう。

②"糖分"の摂取量と頻度

・糖分は、虫歯菌が酸をだして歯の表面を溶かしてしまう材料(エサ)です。そのため、なるべく砂糖が多く含まれている飲食物を減らして予防しましょう。特にスポーツ飲料水やジュースなど多く含まれていますよ。

・糖分をダラダラと食べたり飲んだりと常にお口の中にある状態ですと、お口の中が酸性の状態が続きます。そのため、決められた量やジュースなどをチビチビ飲まないなど対策しましょう。

・キシリトール配合の物を摂取する。

③お口の中の"細菌"の量が多いい

・虫歯の原因菌が多い。お口の中にたくさんの細菌が存在してしまうと、その内の虫歯の原因となる菌の数が多いければ多いいほどお口の中が酸性状態になります。酸性濃度が濃くなり歯の表面を溶かしてしまいます。そのため、細菌の量を減らす対策が必要となります。フッ素濃度の高い歯磨き剤を使用して正しいブラッシングをして歯を磨いたり、洗口液でうがいをする。あとは、定期的にクリーニングをしに来て頂きます。

④食べている"時間"の長さと頻度

・ダラダラ飲食しない。間食はきちんと時間を決めて飲食する。飲食した後は、必ずお口の中を清潔に保つようにするため歯を磨くなり洗口液を使用してうがいをするなどしましょう。

まずは、無理なく出来る事を1つでもしていきましょう。

私は、ステイホーム中口寂しくなるとキシリトール配合のガムをよく噛んでいます。

 

投稿者: いまむら歯科クリニック

  • 院内ブログ
  • 歯の豆知識
  • 料金について