院内ブログ

2021.11.27更新

こんにちは、いまむら歯科のスタッフ、大石です!
早いもので11月も残り数日。今年は、あと1ヶ月で終わってしまいますね。コロナの関係で多くの行動制限と共に生活してきましたが、1つずつやり残した事を実行したいですね。もちろん、感染対策は忘れずに!

さて、今回は歯科医院でとても活躍する、機械についてご紹介していきます。
皆さんは虫歯治療やクリーニングをする際、使用する機械が何種類あるかをご存知でしょうか?
……実は、4種類の機械を使い分けて施術しているのです。

ta-bin

まず1つ目、【エアタービンハンドピース】についてです。
タービンまたは、空気の力を使用する為エアタービンとも呼ばれます。
こちらは主に虫歯治療に使われます。
超高速回転で、硬い歯質を削る事に優れているものです。
お口の中で精度の高い虫歯治療をするにあたって、患者様の負担にならないよう短時間で処置を完了する為に高速回転のタービンが使われています。
ミニタービンと呼ばれる、ヘッドが小さいタイプもあります。こちらは小児やタービンが入らないような狭い部分を治療する際に登場します。
特徴は、歯医者特有のキーンとした音をだします。

2つ目、【コントラアングルハンドピース】
コントラは虫歯治療でも登場しますが、クリーニングにも使用します。
タービンとは違って、エンジン(マイクロモーター)の力で回転して歯質を削っていきます。
虫歯によって柔らかくなってしまった歯質や、治療後の研磨、クリーニング時でのブラッシングに使われます。
特徴は、ゴロゴロと響くような振動です。

3つ目、【5倍速コントラ】
主に5倍速と呼ばれています。
形はコントラと良く似ていますが、コントラに比べるとスピードが速いです。
こちらは低速回転にはなりますが、虫歯を削るバーを回す力が強い為、押し当てて削ることができます。
ですので、硬い金属を外す時や、タービンと違いキーンとした音を出しにくいので治療が苦手な方に使用する事もあります。

最後に【ストレートハンドピース】です。
ストレートと呼ぶ事が多いこちらは姿もストレートです。
こちらは義歯(入れ歯)の調整時に削ったり、詰め物被せ物の調整に使われます。
主にお口の外で使う機械です。
コントラ、5倍速と同じくエンジン(マイクロモーター)が原動力になっています。

当院ではこの4つ以外に、【エルビウムYAGレーザー】というレーザーも導入しています。

いかがでしたでしょうか????
虫歯の状態や、お口の状態に合わせて機械を使い分けています。是非虫歯治療や、クリーニング受ける際チラリと機械達を見てみてください!

 

投稿者: いまむら歯科クリニック

  • 院内ブログ
  • 歯の豆知識
  • 料金について